かぎけん花図鑑

ウスギコンロンカ

基本情報
花名
ウスギコンロンカ
英名
Mussaenda luteola
学名
Mussaenda luteola
別名
ムッサエンダ・ルテオラ, Yellow mussaenda, 薄黄崑崙花, Mussaenda luteola
原産地
スーダン東部
生活型
常緑半蔓性小低木
コメント
ウスギコンロンカ(薄黄崑崙花、ムッサエンダ・ルテオラ、学名:Mussaenda luteola)とは、スーダン東部原産で、アカネ科コンロンカ属の常緑半蔓性小低木です。ムッサエンダ・ルテオラとも呼ばれます。複集散花序を出して薄黄色の小花を咲かせます。額片の1枚だけが白くて大きいので目立ちます。一般的なコンロンカ(崑崙花、学名:Mussaenda parviflora)は、もっと濃黄色花を咲かせます。 
一般名:ウスギコンロンカ(薄黄崑崙花)、学名:Mussaenda luteola、別名:ムッサエンダ・ルテオラ(Mussaenda luteola)、Yellow mussaenda 、分類:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科コンロンカ属ウスギコンロンカ種、原産地:スーダン東部、樹高:100〜300 cm、葉色:緑、葉形:長楕円形/広披針形、葉質:薄い、葉序:対生、葉縁:全縁、花序形:複集散花序、花冠:車形で先端部は5裂、花色:黄色で花冠中央部は濃黄色、花冠径:1~2 cm、萼苞:白色の卵円形/倒卵形、萼苞長:5 cm、開花期:4月〜11月、果実型:液果、用途:鉢植え、庭木。
詳細情報
リンドウ
アカネ
コンロンカ
ウスギコンロンカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
クリーム
開花時期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
100  ~ 300  [cm]
花径
1  ~ 2