ウメバチソウ

  • ウメバチソウ_img_0

    ウメバチソウ @ 立山室堂

  • ウメバチソウ_img_1

    ウメバチソウ @ 立山室堂

  • ウメバチソウ_img_2

    ウメバチソウ @ 立山室堂

  • ウメバチソウ_img_3

    ウメバチソウ @ 立山室堂

  • ウメバチソウ_img_4

    ウメバチソウ @ 立山室堂

基本情報

花名
ウメバチソウ
英名
marsh grass of Parnassus
学名
Parnassia palustris
別名
梅鉢草, marsh grass of Parnassus, grass-of-Parnassus
原産地
北半球の山地
生活型
多年草

コメント

ウメバチソウ(梅鉢草、学名:Parnassia palustris)は、北半球原産で、ニシキギ科ウメバチソウ属の多年草です。日本では、北海道~本州、四国九州の山地に自生します。夏〜秋に、1つの花茎に1輪の白い小花と、1枚の茎を抱く葉が付いています。雄蕊は5本あり、開花時に花中央にあったものが、1日1本ずつ外側に伸びるので、開花日数が分かります。梅花に似ていることから花名の一部にウメ(梅)と付きます。雄蕊5本の他、梅の雄しべのように見える仮雄蕊(かりゆうずい) が5本あり、先端に黄色い腺体を付けます。
似た花には、高山に生えるコウメバチソウ(小梅鉢草、学名:Parnassia palustris var. tenuis)があります。腺体の数によって判別し、ウメバチソウは仮雄蕊1本に12~22個、コウメバチソウは仮雄蕊1本に7~11個つきます。

一般名:ウメバチソウ(梅鉢草)、学名:Parnassia palustris、別名:marsh grass of Parnassus、grass-of-Parnassus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ニシキギ目ニシキギ科ウメバチソウ属、原産地:北半球の山地、生息分布:日本では北海道〜九州、環境:湿地、草丈:20〜40 cm、葉:根生葉、葉柄:有、葉形:心臓 形、花:一重、放射相称花、離弁花類、子房上位、萼数:5、花弁数:5、花色:白、開花期:8月〜10月、花冠:5弁花、花径:2~3 cm、雄蕊数:5本+花粉が出来ない仮雄蕊5本。

詳細情報

ニシキギ
ニシキギ
ウメバチソウ
ウメバチソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山亜高山
開花時期
8月9月10月
高さ
20 ~ 40 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

アツミゲシ_img
コケサンゴ_img
テマリソウ_img
ゼラニウム_img

ランダムな花

ヤナギバルイラソウ_img
ムラサキツメクサ_img
ネムノキ_img
デイゴ_img
グロリオサ_img
トマト_img
ピラカンサ_img
エボルブルス_img
タマノカンアオイ_img
サワグルミ_img
プリムラ・マルギナータ_img
オウコチョウ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved