オオイヌタデ

  • オオイヌタデ_img_0

    オオイヌタデ @ 向島百花園

基本情報

花名
オオイヌタデ
英名
Persicaria lapathifolia
学名
Persicaria lapathifolia ssp.
別名
大犬蓼
原産地
アジア
生活型
一年草の雑草

コメント

オオイヌタデ(学名:Persicaria lapathifolia ssp. nodosa)はアジア原産でタデ科タデ属の大型の一年草です。イヌタデ(犬蓼,学名Persicaria longiseta)より草丈の高く、葉の根元の托葉鞘に毛が生えていないことでイヌタデと見分けられます。梅雨時から秋に、垂れ気味の長い花穂に白や薄桃色の小花を多数付けます。

一般名:オオイヌタデ(大犬蓼) 、学名:Persicaria lapathifolia ssp. nodosa 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目タデ科タデ属、原産地:アジア、分布:日本では北海道〜九州、沖縄、環境:草地、草丈:150~200cm、葉身長:20~25cm、葉形:披針形、花序頂:5cm、花色:白・薄桃、花被片:5裂、開花期:6月〜10月、果実型:痩果、果実形:平らな円形。

詳細情報

ナデシコ
タデ
タデ
オオイヌタデ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
ピンク, 白
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
150 ~ 200 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved