かぎけん花図鑑

カラタチ

基本情報
花名
カラタチ
英名
Trifoliate orange
学名
Citrus trifoliata
別名
キコク, 枸橘, 枸橘, Citrus trifoliata, Poncirus trifoliata, Trifoliate orange
原産地
中国
生活型
落葉低木
コメント
カラタチ(枸橘、学名:Citrus trifoliata)は、中国原産でミカン科カラタチ属の落葉低木です。枝は緑色で、棘が鋭いので、昔は生垣に利用されました。棘は葉が変化したものです。
葉は3出複葉で小葉長は5cmほどの楕円形です。葉縁に細鋸歯があり、葉は互生して茎につきます。葉が出る前の春、3~4cm径の白い5弁花を咲かせます。花後に成る果実は球形をしており、果実径は3〜4cmで最初は緑色ですが、秋に黄色くなります。果実は生食せず果実酒や薬用に用います。
一般名:カラタチ(枸橘)、学名:Citrus trifoliata、シノニム:Poncirus trifoliata、別名:Trifoliate orange、キコク(枸橘)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ミカン科カラタチ属、原産地:中国、生活型:落葉低木、樹高:200~300cm、樹形:立性、枝色:濃緑、枝質:角ばっている、葉のつく時期:開花前、葉柄:あり、葉形:3出複葉(3枚の小葉が集まった複葉)、小葉長:5cm、小葉形:楕円形、葉縁:細かい鋸歯あり、葉序:互生、棘:枝の葉の付け根に3cm程の鋭い棘が互生、花期:4月~5月、花色:白、花径:3~4cm、花弁数:5枚、咲き方:一重、実の色づき:10月~11月、果実形:球形、果実径:3~4cm、果実色:緑色→黄色、果実食用の可否:生食は否、果実酒可、用途:昔は生垣にされた、備考:花と果実に芳香あり、日本への渡来:万葉時代、名前の由来:唐時代に中国から日本に伝わった橘ということから。
詳細情報
ムクロジ
ミカン
カラタチ
カラタチ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
3月 4月
高さ
200  ~ 300  [cm]
花径
3  ~ 4