かぎけん花図鑑

カラタネオガタマ

基本情報
花名
カラタネオガタマ
英名
Michelia figo
学名
Michelia figo
別名
トウオガタマ, 唐招霊, 唐種招霊
原産地
中国
生活型
常緑広葉低木
コメント
カラタネオガタマ(唐種招霊、学名:Michelia figo)は、中国原産で、モクレン科オガタマノキ属の常緑広葉低木です。晩春から夏に、バナナのような芳香のする小さな花を咲かせます。日本へは江戸時代に渡来しました。花は白花と赤花があります。葉の表面に光沢があり皮質で固く、葉縁は全縁で、互生して付きます。日本のオガタマノキより樹高が低いです。縁起の良い花として神社や庭木として植えられます。
一般名:カラタネオガタマ(唐種招霊)、学名:Michelia figo 、別名:トウオガタマ(唐招霊)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類モクレン目モクレン科オガタマノキ属カラタネオガタマ種、原産地:中国南部、生活型:常緑緑広葉低木、樹高:300〜500 cm、葉身:4〜7 cm、葉幅:2.5 cm、葉序:互生、花色:白・赤、花径:3 cm、開花期:4月〜5月、結実期:10月〜11月。
詳細情報
モクレン
モクレン
オガタマノキ
カラタネオガタマ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
倒披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 墓地・寺院
赤, 白
開花時期
4月 5月
高さ
300  ~ 500  [cm]
花径
3  ~ 3