ブロウネア・アリザ

  • ブロウネア・アリザ_img_0
    ブロウネア・アリザ @ シンガポール植物園
  • ブロウネア・アリザ_img_1
    ブロウネア・アリザ @ シンガポール植物園

基本情報

花名
ブロウネア・アリザ
英名
Brownea ariza
学名
Brownea ariza
別名
Brownea rosa-de-monte
原産地
ペルー
生活型
蔓性常緑低高木

コメント

ブロウネア・アリザとは

ブロウネア・アリザ(学名:Brownea ariza)は、ペルー原産で、マメ科ブロウネア属の蔓性常緑低高木です。紅色の筒状の小花が多数まとまって下垂状球状となります。花は、外側から順に咲き始めます。オオホウカンボク(大宝冠木、学名:Brownea grandiceps、ブラウネア・グランディケプス)の仲間で、花の付き方などが似ています。新芽はサーモンピンク色で、黄緑、緑色と変化します。

一般名:ブロウネア・アリザ(Brownea ariza)、学名:Brownea ariza、原産地:ペルー、生息環境:雨季、別名:Brownea rosa-de-monte(ブロウネア・ローザ・デ・モンテ)、 Ariza(アリザ)、 Palo de Cruz(パロ・デ・クルズ)、分類名:植物界被子植物双子葉類綱マメ目マメ科ブロウネア属、生活型:常緑高木、樹高:5~20 m、 葉色:モンピンク(新芽)→黄緑→緑、葉序:偶数羽状複葉、花色:紅色、花冠形:筒状花、花径:15 cm、花の付き方:小花が集合し球状となって垂れ下がる、開花期:3月。

シンガポール植物園とは、シンガポールを代表する植物園で2015年に世界遺産に同国で初めて登録されました。洋ラン園、芯花園、生姜園、植物センター、こども園、湖から構成されます。

詳細情報

マメ
マメ
ブロウネア
ブロウネア・アリザ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
偶数羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
特定の地域
開花時期
3月
高さ
500 ~ 2000 [cm]
花径
15 ~ 15

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ホワイトパウダーパフ_img
シャコバサボテン_img
アメリカシャガ_img

ランダムな花

熱帯睡蓮 ’ミセスエドワードホイテッカー’_img
チトセカズラ_img
グンナイフウロ_img
ハマセンダン_img
シラー・ペルビアナ_img
アルペン・アスター_img
アケボノソウ_img
ウシノシタ_img
キランソウ_img
パフィオ・エメラルド ゲート 'グリーン グローブ'_img
山紫陽花 '伊豆の華'_img
ハナニラ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved