カラマツソウ

  • カラマツソウ_img_0

    カラマツソウ @ 不明

基本情報

花名
カラマツソウ
英名
Thalictrum intermedium
学名
Thalictrum aquilegifolium var. intermedium
別名
唐松草, 落葉松草
原産地
日本
生活型
高山性落葉多年草

コメント

カラマツソウ(唐松草、学名:Thalictrum aquilegifolium var. intermedium)は、日本固有種で、キンポウゲ科カラマツソウ属の高山性落葉多年草です。北海道〜九州の高山の湿原に自生する野草です。盛夏に細い茎先に複数の散房花序を出します。白い花のように見えるものは、白い雄蕊が多数集まったものです。花弁は最初からありません。花名は、唐松草の花の付き方が、カラマツの葉の付き方に似ていることに由来します。秋に葉は枯れます。花言葉は「さりげない優しさ」。とは言いますが、キンポウゲ科の花なので毒草です。毒草については、【特点 毒草】をご参照ください。

■カラマツソウの仲間には、カラマツソウ(唐松草、学名:Thalictrum aquilegifolium var. intermedium)モミジカラマツ(紅葉唐松、T. caroliniensis var. japonica)ミヤマカラマツ(深山唐松、T. tuberiferum)、アキカラマツなどがあります。

一般名:カラマツソウ(唐松草)、学名:Thalictrum aquilegifolium var. intermedium(タリクトルム・アクイレギフォリウム)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科カラマツソウ属カラマツソウ種、原産地:日本、生息分布:北海道〜九州の高山、環境:湿原、生活型:高山性の多年草、草丈:70〜120cm、葉形:2回3出複葉、葉序:互生、葉形:倒卵形で3深裂、放射相称花、花序形:複散房状、開花期:7月〜8月、小花色(実は雄蕊色):白、小花径(雄蕊塊径):1cm、花糸:棍棒状、果実型:痩果、果実形:翼のある楕円形、果柄長:1~1.5cm。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
カラマツソウ
カラマツソウ
花言葉
さりげない優しさ / Understated tenderness
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
鑑賞場所
高山湿地
開花時期
7月8月
高さ
70 ~ 120 [cm]
花径
1 ~ 1

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved