キキョウソウ

  • キキョウソウ_img_0
    キキョウソウ @ 木場公園

基本情報

花名
キキョウソウ
英名
Specularia perfoliata
学名
Specularia perfoliata
別名
ダンダンギキョウ, 桔梗草, common venus' looking-glass
原産地
北米
生活型
帰化植物の一年草

コメント

キキョウソウとは

キキョウソウ(桔梗草、学名:Specularia perfoliata)はキキョウ科キキョウソウ属の北米からの帰化植物の一年草です。道端で紫色の五弁花を咲かせます。直立した茎に丸い抱茎葉が互生で付きます。春から初夏に葉腋から花茎を出します。花には開放花と閉鎖花があり、開放花のみが咲きます。開放花は雄性先熟で雄蕊が先に花粉を出し昆虫を呼びます。昆虫が花粉を運び去った後に、雌蕊の柱頭が開くことで自家受粉を避けます。花後に出来る果実は時間が経つと共にゆっくり穴が開き熟した種子が落下します。キキョウソウはヒメキキョウと似ていますが、キキョウソウの方が花弁の幅が広いです。

一般名:キキョウソウ(桔梗草)、学名:Specularia perfoliata、別名:ダンダンギキョウ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科キキョウソウ属
原産地:北米、環境:草地、道端、草丈:20〜30 cm、茎:直立、葉:無柄、抱茎、葉形:円形、葉縁:浅い鋸歯、一年草、花序形:総状花序、花色:青紫、開花期:5月、花径:1.5〜2 cm、花形:一重の五弁花。

詳細情報

キク
キキョウ
キキョウソウ
キキョウソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
5月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
1.5 ~ 2

アクセスランキング(日別)

オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img
サンボウカン_img

ランダムな花

ハリイヌナズナ_img
アガベ・フランゾシニー・カクタス_img
ギリア・カピタータ_img
コマクサ_img
ハナトラノオ_img
マクワウリ_img
額紫陽花 ユングフラウ ラベンダー_img
ツバキ ナンバンコウ_img
アカクキホウレンソウ_img
ヒメコウホネ_img
エリカ・カナリクラータ_img
オオカナメモチ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved