キクノハアオイ

  • キクノハアオイ_img_0
    キクノハアオイ @ 木場公園

基本情報

花名
キクノハアオイ
英名
Modioa caroliniana
学名
Modioa caroliniana
別名
ツルアオイ, 蔓葵, 菊葉葵
原産地
熱帯アメリカ 
生活型
年性帰化植物

コメント

キクノハアオイとは

キクノハアオイ(学名:Modioa caroliniana )は、熱帯アメリカ原産でアオイ科の一年草です。初夏に道端で小さな朱色の花を咲かせる野草です。熱帯アメリカから世界中に広がった帰化植物で、日本では関東から九州の空き地や道端で見られます。 草高は低く、茎は枝分かれして、蔓状に伸びます。花名は、菊葉に似た掌状の葉を持つアオイ科の植物に拠ります。葉茎には毛が生えています。 長い葉柄のある葉には鋸歯があり、葉先からも毛が出ています。葉は茎に互生して付きます。花は両性花で、花の中心に、先端が裂けた赤い雌蕊があります。 雌蕊の周りには、合着して筒状化した黄色い雄蕊(花糸+葯)が取り巻きます。このように癒合して筒状となった花糸を持つのがアオイ科の花の特徴です。 そして雌蕊と雄蕊の周囲を朱赤の5弁花が取り巻きます。 花は葉腋から咲きますが、葉より小さいです。

一般名:キクノハアオイ(菊葉葵)、学名:Modioa caroliniana 、別名:ツルアオイ(蔓葵)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科キクノハアオイ属キクノハアオイ種、
原産地:熱帯アメリカ、生息分布:世界中に帰化、日本では関東〜九州環境:空き地、道端
草高:10〜30cm、生活型:一年性帰化植物、
茎形:枝分かれして蔓状に伸びる、葉形:菊葉に似た卵形で5〜7裂した掌状、葉柄:長い、葉序:互生、葉縁:鋸歯有り、
花色:朱赤、両性花、花弁数:5枚、花形:筒状、開花期:5月〜6月、花径:1cm、
雌蕊色:赤、雌蕊の状況:先端裂、雄蕊色:黄色、雄蕊形:アオイ科特有の花糸(filament)が合着して筒状となる。

詳細情報

アオイ
アオイ
キクノハアオイ
キクノハアオイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
赤, 橙
開花時期
5月6月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

キバナアマ_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
ヌマツルギク_img

ランダムな花

オオマツヨイグサ_img
椿 '唐錦'_img
オステオスペルマム_img
ブルンフェルシア・パウキフロラ 'エクシミア' _img
オールスパイス_img
ヒマワリ ダブルシャイン_img
センニチコウ_img
菊 富士の輝き_img
ノトリリオン・トムソニアヌム_img
エゾムカシヨモギ_img
バーゼリア_img
ブルーサルビア_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved