イエローケープハニーサックル

Tecomaria capensis "aurea"

  • イエローケープハニーサックル
  • イエローケープハニーサックル
  • イエローケープハニーサックル
  • イエローケープハニーサックル
  • 花名
    イエローケープハニーサックル
  • 学名
    Tecomaria capensis "aurea"
  • 別名テコマリア カペンシス・オーレア, Tecomaria capensis 'Aurea', Yellow cape honeysuckle, Golden Yellow Cape Honeysuckle, Aurea Cape Honeysuckle, テコマリア, カペンシス, オーレア, Tecomaria
  • 原産地南アフリカ
  • 開花場所庭, 温室, 鉢花
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉献身的な愛

イエローケープハニーサックルとは

イエロー・ケープ・ハニーサックル(学名:Tecomaria capensis "Aurea")は、南アフリカ原産で、ノウゼンカズラ科ヒメノウゼンカズラ属の非耐寒性半蔓性低木「ヒメノウゼンカズラ(姫凌霄花、Tecomaria capensis)」の園芸品種です。葉は奇数羽状複葉で葉縁には鋸歯があり、対生に付きます。温室などでは周年、花茎の先に総状花序を伸ばし黄い漏斗状花を咲かせます。花筒部は僅かに曲がり、先端は2唇裂します。雄蕊は4本で花冠から突き出ます。学名から、テコマリア・カペンシス・オーレア(Tecomaria capensis 'Aurea')とも呼ばれます。蜜源植物としてツマベニチョウ(褄紅蝶、学名:Hebomoia glaucippe)等の蝶類が蜜を吸いに来ます。同科別属(ノウゼンカズラ属)にノウゼンカズラ(凌霄花、学名:Campsis grandiflora)があります。
ラテン語の属名の”Tecomaria”は、メキシコ先住民による花名「tecomaxochitl」から、種小名の”capensis”は南アフリカの「喜望の」、品種名の”Tecomaria”は「黄金の」を意味します。花言葉は「愛らしい」。

一般名:イエロー・ケープ・ハニーサックル(Yellow cape honeysuckle)、学名:Tecomaria capensis cv. Aurea(テコマリア・カペンシス・オーレア)、別名:テコマリア・カペンシス・オーレア(Tecomaria capensis 'Aurea')、Golden Yellow Cape Honeysuckle、Aurea Cape Honeysuckle、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ノウゼンカズラ科テコマリア属(ヒメノウゼンカズラ属)、原産地:園芸品(原種は南アフリカ)、生活型:半耐寒性半蔓性低木、樹高:2 m、葉形:奇数羽状複葉、小葉形:卵形、葉縁:鋸歯有、葉序:対生、放射相称、花序形:総状花序、花色:黄、花径:4 cm、花形:漏斗状で2唇形、雄蕊数:4、花盤形:杯状、開花期:6月~11月、現地や日本でも温室では周年、果実型:蒴果、果実長:3~5 cm、果実形:線形、備考:蜜源植物、用途:フェンス、鉢植え、パーゴラ。


  • シソ
  • ノウゼンカズラ
  • ヒメノウゼンカズラ
  • テコマリア・カペンシス・オーレア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性常緑半蔓性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200 ~ 200 cm
  • 花径4 ~ 4 cm

ランダムな花