キミガヨラン

  • キミガヨラン_img_0
    キミガヨラン @ 小石川植物園
  • キミガヨラン_img_1
    キミガヨラン @ 小石川植物園

基本情報

花名
キミガヨラン
英名
Yucca recurvifolia
学名
Yucca recurvifolia
別名
ユッカラン, 君が代蘭, Spanish dagger
原産地
北米
生活型
耐寒性常緑低木

コメント

キミガヨランとは

キミガヨラン(君が代蘭、学名:Yucca recurvifolia)は、北米原産で、リュウゼツラン科ユッカ属の耐寒性常緑低木です。学名の種小名 'recurvifolia' は、「主なる神の蝋燭」という意味です。葉は細長く鋭利な刀形のものが多数集合して放射状に広がります。夏から秋に、葉の根元中心部から長い花茎を真直ぐ出し、その先端から伸びた円錐花序に大きな薄黄色で鐘形をした花を多数下向きに咲かせます。花には独特の臭いがあります。繁殖は株分けで行ないます。ユッカ属には、本種の他に、アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭、学名:Yucca gloriosa)があります。キミガヨランとアツバキミガヨランは両者とも草丈が高いです。両者の違いは次の通りです。キミガヨランはより背が高く葉が少し柔らかく垂れ下がります。アツバキミガヨランは相対的に背が低く、葉が厚くて硬い。開花時期は、キミガヨランは夏から秋に咲き、アツバキミガヨランは初夏と秋に2度開花します。

一般名:キミガヨラン(君が代蘭)、学名:Yucca recurvifolia、別名:ユッカラン(Yucca蘭)、Spanish dagger、分類名:植物界被子植物門単子葉類キジカクシ目リュウゼツラン科ユッカ属キミガヨラン種、原産地:北米、環境:砂漠地帯、生活型:低木、樹高:200〜300 cm、立ち姿:直立、葉の生え方:放射状、葉形:剣状、葉肉厚:薄い、棘:無、葉長:70~100 cm、葉幅:5 cm、葉色:青緑色、葉序:対生、鋸歯:無、花序形:円錐花序、花茎長:100 cm、開花期:花期は一度で6月~ 11月、花色:白~薄黄色、花径:5 cm、小花形:鐘型、用途:観賞用、備考:毎年開花しリュウゼツラン(竜舌蘭)と異なり、結実後も成長する。

詳細情報

キジカクシ
リュウゼツラン
ユッカ
キミガヨラン
花言葉
勇壮 / Gallant (02月25日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
クリーム, 白
開花時期
6月7月8月9月10月11月
高さ
200 ~ 300 [cm]
花径
5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

オキザリス ・トライアングラリス_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ベルティコルディア・プルモサ_img

ランダムな花

バラ  'ラジオ タイムズ'_img
スターフルーツ_img
オオカニコウモリ_img
シカクマメ_img
椿 'さつま紅'_img
マンネングサ_img
ルドベキア プレーリー・サン_img
セイヨウヤブイチゴ_img
シロバナノヘビイチゴ_img
デンドロキラム・コビアナム_img
エゲリア・ナヤス_img
ガジュマル_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved