ベニゲンペイカズラ

  • ベニゲンペイカズラ_img_0
    ベニゲンペイカズラ @ 夢の島熱帯植物館
  • ベニゲンペイカズラ_img_1
    ベニゲンペイカズラ @ 夢の島熱帯植物館
  • ベニゲンペイカズラ_img_2
    ベニゲンペイカズラ @ 夢の島熱帯植物館

基本情報

花名
ベニゲンペイカズラ
英名
Clerodendron spekeausam
学名
Clerodendrum × speciosum
別名
クレロデンドロン スペキオーサム, 紅源平葛, Java glory bean, Pagoda flower, Clerodendrum speciosum, クレロデンドロン, Clerodendrum
原産地
西・中央アフリカ,(園芸種)
生活型
非耐寒性常緑蔓性多年草

コメント

ベニゲンペイカズラとは

ベニゲンペイカズラ(紅源平葛、学名:Clerodendrum ×speciosum)は、西・中央アフリカ原産で、園芸種のシソ科クサギ属の非耐寒性常緑蔓性多年草です。初夏から秋までの長い期間咲き続ける源平カズラの仲間です。白い萼から赤い花を咲かせるゲンペイカズラ(源平葛、源平クサギ、源平臭木、学名:Clerodendrum thomsoniae)と、赤い萼から赤い花が咲くベニバナクサギ(紅花臭木、クレロデンドルム・スプレンデンス、学名:Clerodendrum splendens)を交配して作られました。花序は10〜15cmで、薄紫の萼から2cmほどの赤花を咲かせます。赤花は咲き進むにつれて鮮や黄色に代わります。ゲンペイカズラ(源平葛)と似ています。

一般名:ベニゲンペイカズラ(紅源平葛)、学名:Clerodendrum × speciosum、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科クサギ属(クレロデンドルム属)、別名:クレロデンドロン スペキオーサム(Clerodendrum speciosum)、Java glory bean、Pagoda flower、原産地:西・中央アフリカ(園芸種)、葉序:対生、開花期:5月〜9月、花序長:10〜15cm、花径:2cm、萼色:桃、花色:赤→黄。

詳細情報

シソ
シソ
クサギ
ベニゲンペイカズラ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
筒形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
赤, 黄
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
1.8 ~ 2

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ショウジョウソウ_img

ランダムな花

ダケカンバ_img
リュウビンタイ_img
キサントステモン・オーランティアカス’レッド・アンド・イエロー’_img
シキミ_img
ヒメリュウキンカ_img
パフィオペディルム・マリポエンセ_img
ヤマツツジ_img
ツバキカズラ_img
スズムシソウ_img
ガマズミ・カールセファラム_img
アガベ・フランゾシニー・カクタス_img
リューカデンドロン・プラティスター_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved