かぎけん花図鑑

ゲッカビジン

基本情報
花名
ゲッカビジン
英名
Epiphyllum oxypetalum
学名
Epiphyllum oxypetalum
別名
Dutchman's Pipe, 月下美人, Epiphyllum oxypetalum
原産地
メキシコ
生活型
半耐寒性・常緑多年草の多肉性草本
コメント
ゲッカビジン(月下美人、学名:Epiphyllum oxypetalum)は、メキシコ原産で、サボテン科クジャクサボテン属の半耐寒性・常緑多年草の多肉植物です。
日本では、初夏~秋の夜から翌朝にかけて咲く一夜花です。光沢のある白い大輪花を咲かせます。原産地では蝙蝠による受粉が行われますが、日本では人工授粉で繁殖させています。花や果実は、炒め物やスープ、酢の物などと食用となります。花言葉は「艶やかな美人」。花言葉の由来は、純白の大輪を咲かせ、それを引き立てるように萼が周りを取り囲み、開花時に強烈な芳香を出すことに拠ります。
本種は同属のクジャクサボテン(孔雀仙人掌)の白花と似ていますが、開花時間や開花期間が異なります。孔雀仙人掌は日中から咲き始めて長時間咲くのに対し、本種は夜間から咲き始め3時間程で萎んでしまいます。
一般名:ゲッカビジン(月下美人)、学名:Epiphyllum oxypetalum、別名:Dutchman's Pipe、分類名:分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目サボテン科クジャクサボテン属ゲッカビジン種、原産地:メキシコ、環境:熱帯域の森林、草丈:100~200 cm、葉形:葉状茎、花冠径:25 cm、花色:白、開花期:6月 ~11月、開花時間:夜~翌朝、特徴:強い芳香、繁殖方法:人工授粉(日本)、蝙蝠媒介(現地)。
詳細情報
ナデシコ
サボテン
クジャクサボテン
ゲッカビジン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
植物園 鉢花
開花時期
6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
100  ~ 200  [cm]
花径
20  ~ 25