矮性キンギョソウ

  • 矮性キンギョソウ_img_0
    矮性キンギョソウ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
矮性キンギョソウ
英名
dwarf goldfish grass
学名
Chaenorrhinum origanifolium
別名
Dwarf Snapdragon, Chaenorrhinum, 矮性金魚草, キンギョソウ, 矮性金魚草, カエノリナム・オリガニフォリウム
原産地
南欧の高山原産の園芸品種
生活型
這性・耐寒性常緑多年草

コメント

矮性キンギョソウとは

カエノリナム・オリガニフォリウム(学名:Chaenorrhinum origanifolium)は、南欧原産で、オオバコ科カエノリナム属の這性耐寒性常緑多年草です。いわゆる、矮性金魚草で、草丈が低いキンギョソウの園芸品種です。'サマースカイ'(学名:Chaenorrhinum origanifolium 'Summer Skies')は春~初夏に、小さな金魚草のような花を沢山つけます。花は、花弁が合着した筒状花で、先端は5裂し唇状をしています。花弁色は紫色で、中央基部が白い品種です。花は小さくてあまり目立ちませんが丈夫です。分枝して下垂するので鉢植えや寄せ植えに使われます。

一般名:カエノリナム・オリガニフォリウム、学名:Chaenorrhinum origanifolium 'Summer Skies'、別名:矮性キンギョソウ, Dwarf Snapdragon、Chaenorrhinum origanifolium、カエノリナム、チャエノリナム、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目オオバコ科カエノリナム属(ヒナウンラン属)、原産地:南欧の高山原産の園芸品種、環境:岩盤、生活型:半耐寒性多年草、草丈:10〜20 cm、横幅:20〜60 cm、葉質:肉厚、葉色:緑、葉身:2 cm、葉形:楕円形、葉序:対生、花の出る場所:葉腋、左右相称花、花径:1 cm、花形:花弁が合着した筒状花で先端が5裂、花色:青、白 、桃色、開花期:4月〜7月(秋蒔き)、8月〜9月(春蒔き)、用途:グランドカバー、花壇の寄せ植え、鉢植え、コンテナ、ロックガーデン、花壇の縁。

詳細情報

シソ
オオバコ
カエノリナム
カエノリナム・オリガニフォリウム
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
園芸品種植物園
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
4月5月6月7月8月9月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
ピンクッション_img

ランダムな花

スペアミント_img
ナナカマド_img
オオハマボウ_img
コースト・バンクシア_img
ハナオクラ_img
オカタツナミソウ_img
ヤワタソウ_img
スイートバジル_img
サルビア・ミクロフィラ_img
ミディコチョウラン 'ナオミゴールド'_img
チューリップ・ガブリエラ_img
シキミ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved