かぎけん花図鑑

ゲンカイツツジ

基本情報
花名
ゲンカイツツジ
英名
Rhododendron mucronulatum ciliatum
学名
Rhododendron mucronulatum var. ciliatum
別名
トキワツツジ, Rhododendron mucronulatum var. ciliatum, ツキワゲンカイ, 玄海躑躅
原産地
韓国、中国、日本、蒙古
生活型
落葉広葉低木
コメント
ゲンカイツツジ(玄海躑躅、学名:Rhododendron mucronulatum var. ciliatum)は、韓国、中国、蒙古、日本原産で、ツツジ科ツツジ属の落葉広葉低木です。日本では玄界灘を中心とする地域の崖や礫地に自生します。カラムラサキツツジ(唐紫躑躅、学名:Rhododendron mucronulatum var. mucronulatum)の変種ですが、特に区別しないこともあります。枝が細く、葉は楕円形をしており両面ともに荒毛が生えています。ツツジの中では開花が早い方です。3月中旬〜4月中旬に葉の展開前に花を咲かせます。花は、径5cm程の漏斗状で5深裂しています。花色には桃色や白花があります。花芽は枝先端に1〜数個まとまって付き、1つの花芽から1つの花を咲かせます。園芸品種に八重咲きの「光源氏」があります。
一般名:ゲンカイツツジ(玄海躑躅)、学名:Rhododendron mucronulatum var. ciliatum、APG植物分類体系:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属ゲンカイツツジ種、別名:トキワツツジ,ツキワゲンカイ、棲息分布:玄界灘を中心とする地域、生活環境:礫地や岩場、生活型:落葉広葉低木、樹高:200〜400cm、茎:細い、葉形:楕円形、葉身:3〜6cm、葉色:緑→紅葉(秋)、葉序:互生し枝先に束生する、花冠:漏斗形で先端が5深裂、花弁:丸みがある、花径:5cm、花色:桃色・白、開花期:3月中旬〜4月中旬、雄蕊数:10本、花糸:有毛、雌蕊数:1、特徴:葉の展開より先に花が咲く。用途:公園、花木。
詳細情報
ツツジ
ツツジ
ツツジ
ゲンカイツツジ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
特定の地域 公園
ピンク, 白
開花時期
3月 4月
高さ
200  ~ 400  [cm]
花径
5  ~ 5