ゴウダソウ

  • ゴウダソウ_img_0
    ゴウダソウ @ 京都府立植物園
  • ゴウダソウ_img_1
    ゴウダソウ @ 小石川植物園

基本情報

花名
ゴウダソウ
英名
Lunaria annua
学名
Lunaria annua
別名
合田草, オオバンソウ, Honesty
原産地
欧州中央・南部
生活型
越年草

コメント

ゴウダソウとは

ゴウダソウ(合田草、学名:Lunaria annua)は、欧州中央・南部原産で、アブラナ科ゴウダソウ属の越年草で、欧州からの帰化植物です。春に、アブラナ科特有の十字型の4弁花を咲かせます。花色は白や紫色で芳香があります。雄蕊は6本あります。花後に、薄い小判形のユニークな緑色の果実を成らせます。ドライフラワーの需要があります。花名は明治時代に種子を欧州から持ち帰り栽培した合田氏から付けられました。

一般名:ゴウダソウ(合田草)、学名:Lunaria annua 、別名:ルナリア(Lunaria)、オオバンソウ(大判草)、ギンセンソウ(銀扇草)、ギンカソウ(銀貨草)、 分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科ゴウダソウ属ゴウダソウ種、 原産地:欧州中央・南部、生活環境:庭植、生活型:越年草、草丈:40~100cm、茎:直立、葉色:緑→茶色、葉柄:有、葉形:卵形、葉縁:歯牙有、葉序:互生、花序形:総状花序、開花期:4月~6月、花径:2 cm、花色:紫・白、花形:十字型、花弁数:4枚、雄蕊数:6本、果実形:団扇状、結実期:7月~8月、果実色:半透明の緑色、果実径:4 cm、種子数:5~6個。

詳細情報

アブラナ
アブラナ
ゴウダソウ
ゴウダソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
卵形
葉の縁
歯状
鑑賞場所
野原・畦道
紫, 白
開花時期
4月5月6月
高さ
40 ~ 100 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

ギョリュウバイ_img
ディプラデニア_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img

ランダムな花

山紫陽花 '肥後絞'_img
センネンボク_img
トウモロコシ_img
ヤブカンゾウ_img
カラー_img
ムカゴトラノオ_img
ノアザミ_img
チューリップ・アカツキ_img
花菖蒲  ’潮来’_img
ルピナス・テキセンシス 'ブルーボネット'_img
ヒメサザンカ_img
アカバナルリハコベ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved