コナスビ

  • コナスビ_img_0
    コナスビ @ 城ヶ崎海岸
  • コナスビ_img_1
    コナスビ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
コナスビ
英名
Lysimachia japonica
学名
Lysimachia japonica
別名
小茄子
原産地
日本、中国、台湾、インドシナ、マレーシア
生活型
多年草

コメント

コナスビとは

コナスビ(小茄子、学名:Lysimachia japonica)は、日本、中国、台湾、インドシナ、マレーシア原産で、サクラソウ科オカトラノオ属の多年草です。日本全国の道端や草地で見られる野草です。茎や葉の表面に多数の軟毛が生えており、茎は地面を這います。葉は広卵形をしており、対生に付きます。初夏に、葉腋から極く短い花柄が出し両脇に黄色い小さな五弁花を1個ずつ咲かせます。花後に小茄子のような実が上向きに成ります。花名にナスビと付きますが、ナス科ではなくサクラソウ科の植物です。ナスの花は紫色ですが、コナスビの花は黄色で、花色も花の形も似ていません。果実の形が似ているのが名前の由来です。胃痛に対する薬効があるとされます。

一般名:コナスビ(小茄子)、学名:Lysimachia japonica、別名:エボシグサ(烏帽子草)、ナガエコナスビ、クサナスビ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サクラソウ科オカトラノオ属、生息分布:日本全国〜東・東南アジア、環境:道端や草地、草丈:10〜20 cm、葉形:広卵形、葉序:対生、開花期:5月〜6月、花色:黄、花径:0.5~0.7 cm、花柄長:0.5 cm、花弁数:5枚、雄蕊数:5本、雌蕊数:1。

詳細情報

ツツジ
サクラソウ
オカトラノオ
コナスビ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
多散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
5月6月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
0.5 ~ 0.7

アクセスランキング(日別)

ギンネム_img
コノテガシワ_img
ルリハナガサモドキ_img
パンパスグラス_img

ランダムな花

エニシダ_img
ユスラヤシ_img
ホオベニエニシダ_img
セロジネ・クリスタータ・ホロレウカ 'ピュアホワイト'_img
サラダバーネット_img
ヒメシャガ_img
アジュガ_img
マツ_img
ミネズオウ_img
ニューサイラン・プルプレウム_img
ゴールデン・カップ_img
ツガルフジ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved