ダイミョウチク

  • ダイミョウチク_img_0
    ダイミョウチク @ 不明

基本情報

花名
ダイミョウチク
英名
Sinobambusa tootsik
学名
Sinobambusa tootsik
別名
トウチク, 大名竹, 唐竹
原産地
中国南部~台湾
生活型
多年生常緑竹

コメント

ダイミョウチクとは

ダイミョウチク(大名竹、学名:Sinobambusa tootsik)は、中国南部~台湾原産で、イネ科トウチク属の多年生常緑竹です。節と節の間が60〜80 cmと長く、剪定により節部に葉を密集させることができて美しいです。生垣や庭園竹とされます。穂状花序に小穂(花弁が無く雌蕊が長い)をつけます。梅雨時に出るタケノコ(筍)は皮色が紫をしており食用とされます。皮の紫色は成長して竹になっても節の部分で見られます。属名の’Sinobambusa’は’Sino’(中国)+'bambusa’(ホウライチク)の造語、” tootsik”は「トウチク(唐竹)の)という意味です。

一般名:ダイミョウチク(大名竹)、学名:Sinobambusa tootsik、別名:トウチク(唐竹)、分類名:イネ科トウチク属、原産地:中国南部~台湾、生活型:多年生常緑竹、樹高:5〜8 m、樹径:3〜5 cm、葉形:披針形、筍時期:6月、皮色:紫、花弁:無、開花期:殆ど咲かない。

詳細情報

イネ
イネ
トウチク
トウチク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
クリーム
開花時期
高さ
500 ~ 800 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

ドウダンツツジ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

セイヨウタンポポ_img
ベニヒモノキ_img
キク_img
ケイビアヤメ_img
アオモジ_img
ボロニア・ヘテロフィラ_img
キングプロテア_img
シキミ_img
ビワ_img
チンゲンサイ_img
ナツグミ_img
スイレン_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved