タビビトノキ

  • タビビトノキ_img_0
    タビビトノキ @ 東南植物楽園
  • タビビトノキ_img_1
    タビビトノキ @ 東南植物楽園
  • タビビトノキ_img_2
    タビビトノキ @ シドニー王立植物園
  • タビビトノキ_img_3
    タビビトノキ @ シドニー王立植物園
  • タビビトノキ_img_4
    タビビトノキ @ シドニー王立植物園
  • タビビトノキ_img_5
    タビビトノキ @ 咲くやこの花館
  • タビビトノキ_img_6
    タビビトノキ @ ハワイ熱帯植物園(ハワイ島)

基本情報

花名
タビビトノキ
英名
Ravenala madagascariensis
学名
Ravenala madagascariensis
別名
オウギバショウ, 旅人の木, 扇芭蕉, Ravenala madagascariensis, traveller's tree, Ravenala, Traveller's Palm
原産地
マダガスカル固有種
生活型
熱帯性高木状観葉植物

コメント

タビビトノキとは

タビビトノキ(旅人の木、学名:Ravenala madagascariensis)は、マダガスカルの固有種で、バショウ科タビビトノキ属の熱帯性高木状観葉植物です。名前に木が付きますが草です。1属1科です。背が高く、大きな扇状の葉が開きます。ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)と似た花を咲かせます。花には蜜があり、現地ではエリマキキツネザル(襟巻狐猿、学名:Varecai variegata)が媒介者になっているようです。花名の由来は、葉と茎の間にある葉柄に穴をあけると水が流れ出し旅人が喉を潤せるということや、日照を好む植物で葉が南方向を向くように東西に葉を開らくことで方向が分かることに拠ります。別名で、オウギバショウ(扇芭蕉)とも呼ばれますが、その由来は、バショウ科に属し、葉が扇のように開くことに拠ります。

一般名:タビビトノキ(旅人の木)、学名:Ravenala madagascariensis、別名:オウギバショウ(扇芭蕉)、Ravenala(ラウェナラ)、traveller's tree(トラベラーズ・ツリー)、Traveller's Palm、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ショウガ目バショウ科タビビトノキ属、原産地:マダガスカル、樹高:10〜20 m、葉長:2.5 m、葉色:緑。

詳細情報

ショウガ
バショウ
タビビトノキ
タビビトノキ
花のタイプ
その他
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
筒形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
1000 ~ 2000 [cm]
花径
20 ~ 20

アクセスランキング(日別)

オキザリス ・トライアングラリス_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
フシグロセンノウ_img

ランダムな花

ギンリョウソウ_img
ソラマメ_img
トウジュロ_img
レモンリーフ_img
ラショウモンカズラ_img
キングプロテア_img
キシフィディウム・コエルレウム_img
ダケカンバ_img
ブルーベリー_img
マンネングサ_img
スノキ_img
チューリップ・ホワイトパーロット_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved