かぎけん花図鑑

チャメドレア・セイフリジー

基本情報
花名
チャメドレア・セイフリジー
英名
Chamaedorea seifrizii
学名
Chamaedorea seifrizii
別名
チャマエドレア, Chamaedorea
原産地
モーリシャス
生活型
常緑小低木
コメント
チャメドレア・セイフリジー (Chamaedorea seifrizii) はモーリシャス原産で、ヤシ科チャメドレア属のテーブルヤシの一種の常緑小低木です。メキシコなどの中米に分布しています。細長い茎に竹のような節があり竹に似ている、葉は竹より細長く羽状複葉なので椰子のように見える。以上から、和洋のインテリアに合う観葉植物として重宝します。4月頃に、芳香のある丸く黄色い小花を多数花穂に付けます。花後の5月頃、橙色の小さな珊瑚のような果実が成り熟すと黒くなります。
同属にチャメドレア・エレガンス(Chamaedorea elegans)があります。
一般名:チャメドレア・セイフリジー(Chamaedorea seifrizii)、学名:Chamaedorea seifrizii、別名:Chamaedorea、Seifrizii、セフリジヤシ、Seifriz's chamaedorea、Bamboo palm、Reed palm、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ヤシ目ヤシ科チャメドレア属、原産地:モーリシャス、生息分布:メキシコ、樹高:100〜300 cm、茎径:2 cm、花色:黄色、花径:0.3〜0.4 cm、果実色:橙→黒、果実径:0.3〜0.4 cm。
詳細情報
ヤシ
ヤシ
チャメドレア
チャメドレア・セイフリジー
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
卵形/楕円形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
4月
高さ
100  ~ 300  [cm]
花径
0.3  ~ 0.4