キキョウラン

  • キキョウラン_img_0
    キキョウラン @ 不明

基本情報

花名
キキョウラン
英名
Dianella ensifolia
学名
Dianella ensifolia
別名
ディアネラ・エンシフォリア, Dianella ensifolia, 桔梗蘭, 山菅蘭, 山菅
原産地
日本やオーストラリア
生活型
常緑多年草、毒草、薬草

コメント

キキョウランとは

キキョウラン(桔梗蘭、学名:Dianella ensifolia)は、西南日本やオーストラリアの熱帯地域に生息するススキノキ科キキョウラン属の常緑多年草です。葉は緑色で細長い。春、細長い花茎先端に円錐花序を伸ばし小さな青紫色の花を多数付けます。花は6弁花のように見えますが、内側の3枚が内花被と言う本来の花弁、外側の3枚は外花被という萼であり花弁ではありません。花後に成る果実は濃青紫色の卵状をしています。葉と果実が美しいので観葉植物とされます。全草に毒性及び薬用成分が有ます。葉縁が白いディアネラ・エンシフォリア・バリエガータもあります。

一般名:キキョウラン(桔梗蘭)、
学名:Dianella ensifolia(ディアネラ・エンシフォリア)
別名:ディアネラ・エンシフォリア、Umbrella dracaena (アンブレラ・ドラセナ)、山菅(中国名)、
分類名:植物界被子植物門単子葉植物網キジカクシ目ススキノキ科キキョウラン属キキョウラン種、
生息分布:西南日本や、オーストラリア、カリマタンなどの熱帯地域、生息環境:海岸など、生活型:常緑多年草、 
草丈:50〜100cm、葉形:細長い、葉長:50cm、花弁数:3枚(内花被、本来の花弁)+3枚(外花被=萼であり花弁ではない)、開花期:3月〜4月、花序形:円錐花序、花色:青紫、花径:1cm、結実期:5月〜7月、実色:濃青紫、果実形:卵状、用途:グランドカバー、観葉植物

詳細情報

キジカクシ
ススキノキ
キキョウラン
キキョウラン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
ユリ形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
観葉植物海岸
青, 紫, クリーム, 白
開花時期
3月4月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
ネモフィラ インシグニスブルー	_img
オウコチョウ_img
フロックス・パニキュラータ_img

ランダムな花

マンデビラ・アモエナ_img
オニグルミ_img
リシリシノブ_img
ディアスキア・バーベラエ_img
マツモトセンノウ_img
ギシギシ_img
エキウム・カンディカンス_img
ハリイヌナズナ_img
キンロバイ_img
ツバキ ハクロニシキ_img
アヤメ_img
ホヤ・ベラ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved