かぎけん花図鑑

ニコチアナ

基本情報
花名
ニコチアナ
英名
Nicotiana
学名
Nicotiana alata
別名
ニコチニア・アラタ, Nicotiana, ハナタバコ, tobacco, Nicotiana alata
原産地
ブラジル
生活型
半耐寒性一年草又は多年草
コメント
ニコチアナ(Nicotiana、学名:Nicotiana alata)は、ブラジル原産で、ナス科タバコ属の半耐寒性一年草(多年草)です。タバコの仲間です。付け根部分が筒状で星型をした5弁花を咲かせます。昔は専売公社でしか栽培できなかった花です。しかし、公社が民営化されたのをきっかけに、花を観賞するため民間でも栽培されるようになりました。 矮性の園芸品種も出回っています。
一般名:ニコチアナ(Nicotiana)、学名:Nicotiana alata 、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱ナス目ナス科タバコ属 、別名: tobacco、ニコチニア・アラタ、ニコティアナ、ハナタバコ(花煙草)、原産地:ブラジル、草丈:20〜80 cm、花径:3〜5 cm、開花期:5月〜9月、花色:白(原種)・赤・紫・黄・淡緑、草姿:立性。
詳細情報
ナス
ナス
タバコ
ニコチアナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 公園
赤, 緑, 紫, 黄, 白
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月
高さ
20  ~ 80  [cm]
花径
3  ~ 5