かぎけん花図鑑

ニンニク

基本情報
花名
ニンニク
英名
Garlic
学名
Allium sativum
別名
Garlic, 大蒜, ガーリック
原産地
中央アジアのキルギス
生活型
球根植物、野菜
コメント
ニンニク(大蒜、学名:Allium sativum)は、中央アジアのキルギス原産で、ヒガンバナ科ネギ属の球根植物の野菜です。草丈は放置すると120cmほどに伸びますが、球根を大きくするため花芽の下で切り取られます。花は開花する前に切り取られます。球根は独特の風味と匂い、強壮作用があることから世界中で使われています。 ガン予防に効果があるとされるキノコ類のマイタケ(舞茸)を抜いてダントツ1位の効果があります。 ニンニク1個の重さは卵のLサイズ個とほぼ同じ重量です。
一般名:ニンニク(大蒜) 、学名:Allium sativum L. 、別名:Garlic(ガーリック)、APG植物分類体系:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ヒガンバナ科ネギ属、原産地:中央アジアのキルギス、生活型:多年草の野菜、葉色:緑、葉形:長楕円形、開花期:5月、花色:白、紫、花径:5~6 cm、利用部位:葉(鱗茎葉)、鱗茎葉色:白、重量の目安:8g/片。
詳細情報
キジカクシ
ヒガンバナ
ネギ
ニンニク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
紫, 白
開花時期
5月
高さ
60  ~ 120  [cm]
花径
5  ~ 6