ネフティティス・ポイソニー

  • ネフティティス・ポイソニー_img_0
    ネフティティス・ポイソニー @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
ネフティティス・ポイソニー
英名
Neftytis poisoning
学名
Naphthytis poissonii
別名
Naphthytis poissonii
原産地
カメルーン、ガボン等のアフリカ
生活型
常緑多年草

コメント

ネフティティス・ポイソニーとは

ネフティティス・ポイソニー(学名:Nephthytis poissonii)は、カメルーン等のアフリカ原産のサトイモ科ネフティティス属の常緑多年草です。草丈は60 cm程です。濃緑色の葉は光沢がある大きな矢尻型をしています。花は肉穂花序で上下二段に分かれ上段が米粒が集合したような白(雄花)で、下段は粒々状の黄緑(雌花)です。花後に濃緑色の丸い果実が成り熟すと橙色になります。葉を楽しみむ観賞植物としたり、鉢植え、路地植えにされます。

一般名:ネフティティス・ポイソニー(Naphthytis poissonii) 、学名:Nephthytis poissonii、分類名:植物界被子植物単子葉類オモダカ目サトイモ科ネフティティス属 、原産地:カメルーン、ガボン等のアフリカ、生活型:常緑多年草、草丈:60 cm、葉色:濃緑、葉質:光沢あり、葉形:大きな矢尻型、葉長:30〜40 cm 葉柄:50〜60 cm、花序形:肉穂花序、花色:上下二段に分かれ上段が米粒が集合したような白(雄花)で下段は粒々状の黄緑(雌花)、果実:濃緑(未熟)→橙色(習熟)、用途:観賞植物、鉢植え、路地植え、備考:有毒植物。

詳細情報

オモダカ
サトイモ
ネフティティス
ネフティティス・ポイソニー
花のタイプ
放射相称花
花の配列
肉穂花序
花弁の形
葉のタイプ
矢じり形
葉の縁
波状
鑑賞場所
鉢花観葉植物
緑, 黄, 白
開花時期
7月8月
高さ
60 ~ 60 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ディエテス・ビコロル_img
オウコチョウ_img
タンゲマル_img

ランダムな花

 モクセンナ_img
ヒメシャクナゲ_img
額紫陽花 ポージーブーケ ケーシィ _img
クスノキ_img
サラサドウダン_img
タニウツギ_img
クサノオウ_img
ジャックフルーツ_img
ハコネウツギ_img
キッスス・シキオイデス_img
スティクトカルディア・ベラビエンシス_img
パフィオペディルム・ロスチャイディアナム_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved