かぎけん花図鑑

ユメノシマガヤツリ

基本情報
花名
ユメノシマガヤツリ
英名
Mariscus congestus
学名
Cyperus cogestus
別名
夢の島蚊帳吊
原産地
アフリカ南部
生活型
多年草の野草
コメント
ユメノシマガヤツリ(夢の島蚊帳吊、学名:Mariscus congestus)は、アフリカ南部原産で、カヤツリグサ科イヌクグ属の多年草の野草です。夢の島で自生が確認された帰化植物で、道端や水辺でみかけます。花序は、1花〜多数花から成る小穂(apikelet, spicule)を単位とする複穂状花序(compound spike)です。イガガヤツリ(毬蚊帳吊)と似ています。
一般名:ユメノシマガヤツリ(夢の島蚊帳吊))、学名:Mariscus congestus、シノニム:Cyperus cogestus、分類名:植物界被子植物単子葉植物イネ目カヤツリグサ科イヌクグ属 、原産地:アフリカ南部、生息環境:道端、水辺、生活型:多年草の野草、草丈:50~70 cm、葉色:緑色、花序形:3 cm、花序形:小穂、開花期:7月~10月、花色:茶。
詳細情報
イネ
カヤツリグサ
イヌクグ
ユメノシマガヤツリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
毬状花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
線形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
7月 8月 9月 10月
高さ
50  ~ 70  [cm]
花径
0.7  ~ 0.9