かぎけん花図鑑

リュウキンカ

基本情報
花名
リュウキンカ
英名
Marsh-marigold
学名
Caltha palustris var. nipponica
別名
立金花
原産地
北半球の温帯地域
生活型
多年草
コメント
リュウキンカ(立金花、学名:Caltha palustris var. nipponica)は、北半球の温帯地域原産で、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草です。早春~夏に、本州~九州の湿原や小川で、花のような黄色い萼片を5、6枚付けます。葉は腎形で光沢のある緑色です。花名の由来は、茎が直立し、花が黄金色であることに拠ります。仲間には、葉が黒いカラスバヒメリュウキンカ(烏葉姫立金花)や、小型のヒメリュウキンカもあります。また、同時期にミズバショウ(水芭蕉)が咲きます。 花言葉は「必ず来る幸福」です。
一般名:リュウキンカ(立金花)、学名:Caltha palustris var. nipponica 、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科リュウキンカ属、生息地:本州~九州の日本、環境:湿原や小川、草丈:20~25 cm、茎:中空、葉色:光沢のある緑、葉形:腎円形、葉幅:5 cm、葉長:5 cm、葉縁:鈍い鋸歯、開花期:4月~7月、花色:黄、花径:3 cm、花弁数:0枚(花に見えるのは萼片)、萼片数:5~6枚、果実:袋果、果実長:1cm、果実色:黄色地に赤、用途:観賞用。
詳細情報
キンポウゲ
キンポウゲ
リュウキンカ
リュウキンカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
腎臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
湿地 川・池
開花時期
4月 5月 6月 7月
高さ
20  ~ 25  [cm]
花径
2.5  ~ 3