カラスバヒメリュウキンカ

  • カラスバヒメリュウキンカ_img_0
    カラスバヒメリュウキンカ @ 赤塚植物園
  • カラスバヒメリュウキンカ_img_1
    カラスバヒメリュウキンカ @ 赤塚植物園

基本情報

花名
カラスバヒメリュウキンカ
英名
Ranunculus Coppernob
学名
Ranunculus ficaria cv. coppernob
別名
烏葉姫立金花
原産地
欧州
生活型
園芸種

コメント

カラスバヒメリュウキンカとは

カラスバヒメリュウキンカ(烏葉姫立金花、学名:Ranunculus ficaria cv. Coppernob)は、欧州原産の帰化植物で、キンポウゲ科の多年草「ヒメリュウキンカ(姫立金花、学名:Ranunculus ficaria)」の園芸種です。ヒメリュウキンカは、スプリングエフェメラルと言われ、春に花を咲かせ、夏に上部が枯れてしまう花です。カラスバヒメリュウキンカは、葉色が「カラスバ(烏葉)」と呼ばれる黒紫色です。夏になると緑色になりその後枯れます。多年草なので、夏に休眠し、秋から開花の準備を始めます。花は一重咲きで比較的大きく、花色は黄色で、寒いと白に変化します。この花は萼花弁と呼ばれるもので本当の花は退化しています。
リュウキンカ(立金花、学名:Caltha palustris var. nipponica)と似ていますが別属です。リュウキンカ(C. palustris var. nipponica)は、同じキンポウゲ科ですが日本原産のリュウキンカ属で一回り大きく、葉は緑色をしています。

一般名:カラスバヒメリュウキンカ(烏葉姫立金花)、学名:Ranunculus ficaria cv. Coppernob、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科キンポウゲ属、原産地:欧州 環境:湿った日陰、草丈:5〜10 cm、葉色:光沢のある黒紫→緑、葉形:腎円形、葉幅:5 cm、葉長:5〜10 cm、葉縁:鈍い鋸歯、開花期:3月から5月、花色:黄・白、花径:3〜4 cm、花弁(花に見える萼片)数:5、果実:袋果、果実長:1 cm、果実色:黄色地に赤、用途:観賞用、若芽を山菜に(要注意)。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
キンポウゲ
カラスバヒメリュウキンカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
腎臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
園芸品種
黄, 白
開花時期
3月4月5月
高さ
5 ~ 10 [cm]
花径
3 ~ 4

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
ピンクッション_img

ランダムな花

サルビア・ガラニチカ _img
テイキンザクラ_img
ヒヨドリジョウゴ_img
ゴールドコイン_img
オートグラフ・ツリー_img
ハコベ_img
カニステル_img
ハルシャギク_img
アリストロキア・サルバドレンシス_img
菊 聖光金波_img
ベニスジヤマユリ_img
ヨルガオ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved