オオバジャノヒゲ

Ophiopogon planiscapus

  • オオバジャノヒゲ
  • オオバジャノヒゲ
  • 花名
    オオバジャノヒゲ
  • 学名
    Ophiopogon planiscapus
  • 別名オオバリュウノヒゲ, Black mondo, 大葉蛇の髭, 大葉龍の髭
  • 原産地日本、中国
  • 開花場所野原・畦道, 庭, 観葉植物
  • 開花期6月, 7月, 8月

オオバジャノヒゲとは

オオバジャノヒゲ(学名:Ophiopogon planiscapus)は、日本・中国原産で、キジカクシ科ジャノヒゲ属の耐陰性常緑多年草です。葡枝を伸ばし緑色で線形の葉を叢生します。夏、長く直立した穂状花序に白い小花を下向きに咲かせます。日本全国の林や草原で群生して咲いています。花後に成る果実は、最初、緑色だったものが濃灰色に変化します。一年中、緑色の葉を生やし、日影にも強いのでグランドカバーとして使われます。根は漢方薬に用いられます。人気の品種に、葉が黒紫色の「黒龍」があります。

●同属で似た花
オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭) ―ジャノヒゲより草丈が高く花も一回り大きく、種子は濃灰色。
ジャノヒゲ(蛇の髭)―オオバジャノヒゲより草丈が低く花も一回り小さい。種子は深青色。
ノシラン(熨斗蘭) ーオオバジャノヒゲより草丈が高く、種子は楕円形でコバルト色。
ヤブラン(藪蘭) ―種子は黒紫色。

一般名:オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)、学名:Ophiopogon planiscapus 、別名:Black mondo、オオバリュウノヒゲ(大葉龍の髭) 、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科ジャノヒゲ属 、原産地:日本・中国、分布:日本全国、環境:林・草原、生活型:耐陰性常緑多年草、草丈:20~30cm、葉長:10~30cm、葉色:緑、葉形:線形、葉縁:鋸歯有り、花序形:穂状花序、花茎高:20~30cm、開花期:6月~8月、花色:白、花径:0.6~0.8cm、花冠:漏斗状で先端が6深裂、花被片:6、花被片形:漏斗状、雄蕊:6、葯色:黄、花柱:円柱形、子房:3、柱頭:3浅裂、種子:剥きだし、種子形:球形、種子色:緑→濃灰色、種子径:0.8~1cm


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ジャノヒゲ
  • オオバジャノヒゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐陰性常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.6 ~ 0.8 cm

ランダムな花