ノシラン

Ophiopogon jaburan

  • ノシラン
  • ノシラン
  • 花名
    ノシラン
  • 学名
    Ophiopogon jaburan
  • 別名熨斗蘭, Ophiopogon jaburan
  • 原産地日本~韓国済州島
  • 開花場所野原・畦道, 低山
  • 開花期7月, 8月, 9月

ノシランとは

ノシラン(熨斗蘭、学名:Ophiopogon jaburan )は日本~韓国済州島原産で、クサスギカズラ科ジャノヒゲ属の耐陰性常緑多年草です。日本の本州~四国・九州・琉球諸島の林や草原に自生します。オオバジャノヒゲより草丈が高く、種子は楕円形でコバルト色をしています。 園芸品種に葉に白筋が入ったシロスジノシラン・キスジノシラン(Ophiopogon jaburan 'Aurea variegata')があります。

一般名:ノシラン(熨斗蘭)、学名:Ophiopogon jaburan 、別名:white lilyturf , lilyturf、分類名:植物界被子植物単子葉類クサスギカズラ目クサスギカズラ科ジャノヒゲ属ノシラン種、原産地:日本~韓国済州島、分布:日本の本州~四国・九州・琉球諸島、環境:沿海の林縁、生活型:耐陰性常緑多年草、草丈:30~80 cm、葉形:線形、花茎:30~50 cm、開花期:7月~9月。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ジャノヒゲ
  • オオバジャノヒゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐陰性常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 80.0 cm
  • 花径0.6 ~ 0.8 cm

ランダムな花