ミチノクフクジュソウ

Adonis multiflora

  • ミチノクフクジュソウ
  • ミチノクフクジュソウ
  • ミチノクフクジュソウ
  • ミチノクフクジュソウ
  • ミチノクフクジュソウ
  • ミチノクフクジュソウ
  • 花名
    ミチノクフクジュソウ
  • 学名
    Adonis multiflora
  • 別名陸奥福寿草, Adonis multiflora
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期3月, 4月

ミチノクフクジュソウとは

ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草、学名:Adonis multiflora)はキンポウゲ科フクジュソウ属の耐寒性多年草です。フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)と似ていますが、以下の違いがあります。

ミチノクフクジュソウ(Adonis multiflora)
 ①萼片長は花弁の長さの半分
 ②花弁裏側が赤味を帯びる
 ③開花が遅い(3月頃から)

フクジュソウ(Adonis ramosa)
 ①萼片長は花弁の長さとほぼ同じ
 ②花弁裏側は黄色
 ③開花が早い(2月頃から)


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • フクジュソウ
  • ミチノクフクジュソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    3回羽状複葉
  • 葉縁
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花