ネムノキ

Albizia julibrissin

  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • 花名
    ネムノキ
  • 学名
    Albizia julibrissin
  • 別名コウカン, 合歓木
  • 原産地日本、南アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉胸のときめき

ネムノキとは

ネムノキ(合歓木、学名:Albizia julibrissin)は、日本、南アジア原産で、マメ科ネムノキ属の落葉小高木です。初夏に、桃色の雄しべが沢山集まって半球状の花を咲かせます。夜になると、葉を合わせて眠ります。マメ科ですが、花はマメ科特有の蝶形をしておらず、偶数二回羽状複葉で、互生します。樹皮は、乾燥させると、合歓皮(ゴウカンヒ)という漢方薬となり、腰痛や鎮静剤として用いられます。似た花に白花を咲かせるギンネムがあります。また、花は、別属(ベニゴウガン属)の「ホワイト・パウダーパフ(White Powederpuff、学名:Calliandra haematocephala 'Alba')」に似ており、パウダーパフをピンクにしたような花を咲かせます。

一般名:ネムノキ(合歓木)、学名:Albizia julibrissin、又名:牛奶,Silk tree、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ネムノキ属、原産地:日本、南アジア、樹高:6〜10 m、花色:桃花、花序径:5 cm、開花期:6月〜8月、葉色:緑、樹形:逆傘形、樹皮:灰褐色、果実形:楕円形、種子形:楕円形、種子色:褐色。


  • マメ
  • マメ
  • ネムノキ
  • ネムノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ600.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花