シシウド

Angelica pubescens

  • シシウド
  • シシウド
  • 花名
    シシウド
  • 学名
    Angelica pubescens
  • 別名Angelica pubescens
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期8月, 9月, 11月

シシウドとは

シシウド(学名:Angelica pubescens)は、日本固有種で、セリ科シシウド属の大型多年草です。本州、四国、九州の山地に自生します。太い茎は中空で分枝します。葉柄基部は舟形に膨らみ若い茎を包みます。晩夏~晩秋に散形花序を伸ばし小さな白花を多数咲かせます。白い5弁花の各先端は2裂し、周辺花の大きさはほぼ同じです。一回繁殖型植物なので開花して結実すると枯れます。
変種には高山性のミヤマシシウド(学名:Angelica pubescens var.matsumurae)シシウドがあります。
また、別属ですが、似た花にハナウド(花独活、学名:Heracleum sphondylium var. nipponicum)があります。ハナウドは晩春~初夏に咲き、周辺花が大きいので見分けられます。

一般名:シシウド(猪独活)、学名:Angelica pubescens、又名:pubescent angelica、ウドタラシ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科シシウド属シシウド種、別名:shishiudo、生息地:本州中部以北、環境:深山の日当たりの良い草地や礫地、生活型:多年草、草丈:100〜300cm、茎色:茶褐色で太い、葉形:2〜3回羽状複葉、小葉形:長楕円形、葉縁:鋸歯、葉序:互生、花序:線香花火状の複散形花序、花色:白、総花序径:10〜30cm、花序形:1.5 cm、花冠径:0.4 cm、花冠形:5弁花、開花期:8月〜11月、雄蕊数:5、雌蕊数:1、果実型:分果、果実形:扁平、似た花が多い中で最も大型、用途:根を漢方の「独活(どっかつ)」に。


  • セリ
  • セリ
  • シシウド
  • シシウド
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    3回羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型大型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径10.0 ~ 30.0 cm

ランダムな花