アンゲロニア・セレナ

Angelonia serena

  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • アンゲロニア・セレナ
  • 花名
    アンゲロニア・セレナ
  • 学名
    Angelonia serena
  • 別名Summer snapdragon, アンゲロニア, Angelonia, サマースナップドラゴン, サリカリフォリア
  • 原産地園芸品種
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月
  • 花言葉片思いの恋

アンゲロニア・セレナとは

アンゲロニア・セレナ(学名:Angelonia serena)はメキシコ原産でゴマノハグサ科アンゲロニア属の非耐寒性・常緑性多年草「アンゲロニア・アングスティフォリア(学名:Angelonia angustifolia )」の矮性園芸品種です。別名で、"エンジェルラベンダー" とも呼ばれます。 花色には、青、紫、白、ピンク、白と紫のツートンカラー「'パープルストライプ'('Purple Stripe')があります。ラテン語の属名 ”Angelonia” は「Angelos(天使)」という意味です。原産国の南米では、花の形を天使に見立てました。一方、花言葉は「片思いの恋」や、「過去の恋人」。これは一つ一つの花を見るとどくろ(髑髏)のような感じということで、今更叶わぬ恋を意味します。同属に、葉が柳の葉に似ている「ヤナギバアンゲロンソウ (サマー・スナップドラゴン、学名:Angelonia salicariifolia)」があります。

一般名:アンゲロニア・セレナ(Angelonia serena)、学名:Angelonia serena、Angelonia angustifolia ’serena’、又名:ホソバアンゲロンソウ、アンゲロニア アングスティフォリア、アンゲロニア・アングスティフォリア セレナ、アンゲロニア、エンジェルラベンダー、narrowleaf angelon , summer snapdragon、分類名:植物界被子植物門双子葉類シソ目ゴマノハグサ科アンゲロニア属、原産地:園芸品種、(メキシコ)、生活型:非耐寒性・常緑性多年草、草丈:30(セレナ)~100 cm、姿:直立、葉形:先端が尖った披針形、葉縁:細かい鋸歯有り、花序形:総状花序、開花期:6月~10月、花径:1~2 cm、花色:青、紫、白、ピンク、白と紫のツートンカラー、花形:小さな筒状花で先端が割れる。


  • シソ
  • オオバコ
  • アンゲロニア
  • アンゲロニア・セレナ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性・常緑性多年草
  • 花の色紫 桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 0.3 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花