カンガルーポー

Anigozanthos spp.

  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • カンガルーポー
  • 花名
    カンガルーポー
  • 学名
    Anigozanthos spp.
  • 別名Kangaroo paw, Anigozanthos Manglesii, アニゴザントス, オーストラリアン・スォードリリー
  • 原産地オーストラリア南西部
  • 開花場所切り花・生け花, 特定の地域
  • 開花期4月, 5月, 6月, 12月
  • 花言葉不思議

カンガルーポーとは

カンガルーポー(Kangaroo paw、学名:Anigozanthos spp.)は、豪州南西部に自生する固有種で、ハエモドルム科アニゴザントス属の多年草(球根)です。カンガルー(Kangaroo)の前足(paw)のようなユニークな形でベルベット状の感触のある花を咲かせ、シャガ(著莪)に似た細長いシャープな葉を付けます。属名の「Anigozanthos」はラテン語で「anoigo(開く)+anthos(花)」という意味です。開花期は、4月~6月と、12月を中心に周年咲きます。プリザーブドフラワー(preserved flower)や、ドライフラワー、フラワーアレンジメント、 生け花の花材に使われます。花言葉は、「不思議」。

一般名:カンガルーポー(Kangaroo paw)、学名:Anigozanthos spp.、別名:アニゴザントス(Anigozanthos )、オーストラリアン・スォードリリー、分類名:植物界被子植物単子葉類ツユクサ目ハエモドルム科アニゴザントス属、原産地:豪州南西部、環境:沿岸の砂地、湿った山地、草丈:20~100 cm、葉形:剣状、葉質:皮質で硬い、葉形:全縁、花:両性花で毛が密集、花序:総状花序、花形:筒状花で先端が6裂、花色:赤・黄・橙・桃・緑、花径:3~8 cm、花の付き方:茎先に10程、開花期:4月~6月と12月を中心に周年、用途:プリザーブドフラワー(preserved flower)、ドライフラワー、備考:赤い地下茎は原産地で食用となった。


  • ツユクサ
  • ハエモドルム
  • アニゴザントス
  • カンガルーポー
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色緑 黄 紫 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花