アスパラガス・オフィキナリス

Asparagus officinalis

  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • アスパラガス・オフィキナリス
  • 花名
    アスパラガス・オフィキナリス
  • 学名
    Asparagus officinalis
  • 別名オランダキジカクシ, アスパラ, マツバウド
  • 原産地地中海
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月, 7月
  • 花言葉何も変わらない

アスパラガス・オフィキナリスとは

アスパラガス・オフィキナリス(学名:Asparagus officinalis)は欧州西岸原産で、キジカクシ科クサスギカズラ属の常緑多年草の野菜です。観賞用のアスパラガスが多い中で、食用となるアスパラガスです。地下茎から1 m程茎をのばします。若茎は食用アスパラガスとなります。アスパラガスにはホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスがあります。両者とも同一のもので、栽培の仕方が異なるだけです。日光を遮って育てたものがホワイトアスパラガスで、日に当てたものがグリーンアスパラガスです。栄養価はグリーンの方があります。アスパラの旬は4~7月です。アスパラガスの葉は退化して鱗片状となっています。葉のように見えるものは茎が退化した仮葉(偽葉)です。雌雄異株です。夏、葉腋から1~2個、緑白~薄黄色をした鐘形又は筒型の花を咲かせます。花弁は6枚あります。花は全開しません。花後の夏~秋に成る果実は赤い球形で、人間には有害です。秋に、地上部は枯れます。

花言葉


何も変わらない

アスパラガス・オフィキナリスの詳細情報


一般名:アスパラガス・オフィキナリス(Asparagus officinalis)、学名:Asparagus officinalis、別名:common asparagus、garden asparagus、アスパラ、オランダキジカクシ(阿蘭陀雉隠)、マツバウド、草丈:1~1.5 m、葉:退化して鱗片状、雌雄異株、花長:0.5-0.6 cm、花弁数:6、開花期:5月~7月、収穫期:4月~6月、果実:液果、果実色:赤、果実形:球形、果実径:0.7-1 cm。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • クサスギカズラ
  • アスパラガス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    複集散花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    三角形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色薄黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.7 cm

ランダムな花