オケラ

Atractylodes japonica

  • オケラ
  • オケラ
  • オケラ
  • オケラ
  • オケラ
  • オケラ
  • 花名
    オケラ
  • 学名
    Atractylodes japonica
  • 別名宇家良, ワビャクジュツ, うけら
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国、ロシア
  • 開花場所野原・畦道, 低山
  • 開花期9月, 10月

オケラとは

オケラ(朮、学名:AAtractylodes japonica)は、日本、朝鮮半島、中国、ロシア原産でキク科オケラ属の耐寒性・耐暑性多年生草本です。
茎は直立し丈夫で分枝します。花は頭状花序で、白~淡紅色の花径2~2.5cmの筒状花のみがあります。基部には羽状の苞葉が2列あります。
万葉名では宇家良(うけら)といい、正月にオケラの根茎(白朮)を焚く白朮祭(をけらさい)が行われ、もらた火種で雑煮を煮て新年を祝った。
種小名の「japonica」 は日本産という意味です。
仲間に中国原産でオケラより頭花が大きく花色が淡紅色のオオバナオケラ(大花朮、学術名:Atractylodes macrocephala)があります。

オケラの描き方 ショート動画


オケラの描き方を、有紀@kagikenがショート動画を使ってご説明します。

一般名:オケラ(朮)、学名:Atractylodes japonica、又名:宇家良(うけら)、ワビャクジュツ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科オケラ属オケラ種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、ロシア、生息場所:本州~四国、九州、、環境:山野、平地に自生、生活型:多年生草本、樹高:0.3~1m、葉柄:有、葉色:緑色、葉形:羽状~倒卵形、茎葉長:cm、葉幅:cm、葉縁:先に棘がある鋸歯、葉序:茎葉は互生/根生、雌雄異株、花序系:頭状花序、花冠:白~淡紅色の筒状花、頭花径:2~2.5cm、開花期:8~10月、果実型:瘦果、果実形:倒円錐形で冠毛あり、用途:盆栽、新芽は山菜、根茎は薬用(生薬)、生け花、ドライフラワー。


  • キク
  • キク
  • オケラ
  • オケラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性・耐暑性多年生草本
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 60.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.5 cm

ランダムな花