ツルラン

Calanthe furcata

ナツエビネ(夏えびね)、自生ラン

  • ツルラン
  • ツルラン
  • ツルラン
  • ツルラン
  • ツルラン
  • ツルラン
  • ツルラン
  • ツルラン
  • 花名
    ツルラン
  • 学名
    Calanthe furcata
  • 別名夏エビネ, 鶴蘭, Calanthe furcata
  • 原産地日本、中国
  • 開花場所沖縄, 鉢花
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月
  • 花言葉静寂

ツルランとは

ツルラン(鶴蘭、学名:Calanthe triplicata)は、沖縄や奄美に自生するラン科エビネ属の常緑多年草です。広葉樹林下の林床に地生するラン(蘭)で群生して咲きます。根出葉の間から花茎を出し、夏に、花茎先端から伸びた総状花序にラン形の白花を30輪ほど付けます。ラン形の花冠は唇弁が3裂し、中央裂片がさらに2分裂し平開して大文字形に見えます。花の基部には赤か黄色の隆起があります。花名はラン科の花であり、大文字形を鶴が飛翔する姿、赤い突起部をタンチョウヅル(丹頂鶴)の頭頂と見做したことに拠ります。葉裏には毛があります。夏に咲くエビネなので、オナガエビネ等とともに、夏エビネと呼ばれます。環境の劣化で減少しており、環境省の絶滅危惧II類(VU)に指定されています。花言葉は「静寂」。

一般名:ツルラン(鶴蘭)、学名:Calanthe triplicata、シノニム:Calanthe furcata、別名:夏エビネ、白鶴蘭(中国語),分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科エビネ属、生息分布:日本では奄美大島、徳之島、沖縄、屋久島、宮崎県、東南アジア、豪州、環境:広葉樹林下の林床に地生、生活型:常緑多年草、草丈:50〜80cm、偽球茎形:球状、葉:根出葉、葉色:緑、葉形:長楕円形、葉数:3〜6枚、葉長:30〜60cm、葉縁:全縁、/茎葉:鱗片状で茎を抱く、花序形:総状花序、開花期:7月〜10月、花色:白~薄黄、花弁長:3~4cm、距長:2.5cm、唇弁は3裂し中央裂片はさらに2分裂、花の基部に黄色か赤の隆起、花の出る場所:葉腋、備考:環境省絶滅危惧II類(VU)。


  • キジカクシ
  • ラン
  • エビネ
  • ツルラン
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年性着生蘭
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 80.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花