オナガエビネ

Calanthe masuca

自生ラン

  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • オナガエビネ
  • 花名
    オナガエビネ
  • 学名
    Calanthe masuca
  • 別名夏エビネ, 尾長海老根, Calanthe
  • 原産地日本
  • 開花場所沖縄
  • 開花期7月, 8月

オナガエビネとは

オナガエビネ(尾長海老根、学名:Calanthe masuca)は、沖縄や奄美に自生する、ラン科エビネ属の常緑多年草です。広葉樹林下の林床に地生する蘭で、群生して咲きます。夏に大きな葉の間から細長い花茎を出し先端から総状花序を伸ばし赤紫色~桃色の唇形花と距を出します。夏に咲くエビネ(海老根)なので、夏エビネとも呼ばれます。但し、ツルラン(鶴蘭)も夏エビネと呼ばれることがあります。環境の劣化で減少しており、環境省の絶滅危惧II類(VU)とされます。

一般名:オナガエビネ(尾長海老根)、学名:Calanthe masuca、別名:夏エビネ、Calanthe(カランセ)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目ラン科エビネ属、生息分布:日本では奄美大島、徳之島、沖縄、屋久島、宮崎県、東南アジア、豪州、環境:広葉樹林下の林床に地生、草丈:50〜80cm、偽球茎形:球状、葉色:緑、葉形:長楕円形、葉の数:4〜5枚、葉長:30〜60cm、開花期:7月〜8月、花色:桃、赤紫色、花弁長:1.5cm、花形:唇形、距長:2.5cm、備考:カイガラムシ。


  • キジカクシ
  • ラン
  • エビネ
  • オナガエビネ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 80.0 cm
  • 花径1.5 ~ 1.5 cm

ランダムな花