ノウゼンカズラ

Campsis grandiflora

  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
  • 花名
    ノウゼンカズラ
  • 学名
    Campsis grandiflora
  • 別名Chinese trumpet creeper, 凌霄花, チャイニーズ・トランペット・クリ−パー, Nouzenkazura
  • 原産地中国
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月
  • 花言葉名誉

ノウゼンカズラとは

ノウゼンカズラ(凌霄花、学名:Campsis grandiflora)は、中国原産で、ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の蔓性落葉低木です。夏に、花茎先端から総状花序を伸ばし、対生に橙色のラッパ状の花を付けます。花色には橙色と赤があります。ラッパ状の筒状部は短く、先端が5裂し大きく平開し5弁花のように見えます。蔓の節から出る気根が、塀や家の壁、木に吸着してどんどん勢力を拡大します。原産地名から、別名でチャイニーズ・トランペット・クリ−パー(Chinese trumpet creeper)とも呼ばれます。

ノウゼンカズラには、他に同属のアメリカ産のアメリカノウゼンカズラ(America凌霄花)があり、花色は朱赤と黄色で、筒状花は長く花弁は小さいです。

同科別属(ポドラネア属)にはピンクノウゼンカズラ 'コンテッササラ'(桃色凌霄花)という薄桃色の花を咲かせるの非耐寒性蔓性植物もあります。
また、同科別属(ヒメノウゼンカズラ属)にヒメノウゼンカズラ(姫凌霄花、学名:Tecomaria capensis)や、その園芸品種のイエローケープハニーサックルがあります。

一般名:ノウゼンカズラ(凌霄花)、学名:Campsis grandiflora、別名:Chinese trumpet creeper(チャイニーズ・トランペット・クリ−パー)、Trumpet Vine(トラッペット・ヴァイン)、 分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属、原産地:中国、蔓長:3~10 m、生活型:蔓性落葉低木、葉形:奇数羽状複葉、葉序:対生、葉身長:5cm、葉幅:3cm、葉縁:鋸歯有、葉色:濃緑色で無毛、花序形:総状花序、花径:6~7 cm、花色:橙、花冠:漏斗状で先端5裂し平開、雄蕊数:4、開花期:7月~9月、結実期:11月、用途:庭木、公園樹、漢方薬。


  • シソ
  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
  • ノウゼンカズラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型蔓性落葉低木
  • 花の色橙 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径6.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花