イヌシデ

Carpinus tschonoskii

  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • イヌシデ
  • 花名
    イヌシデ
  • 学名
    Carpinus tschonoskii
  • 別名犬四手
  • 原産地朝鮮、中国、日本
  • 開花場所低山
  • 開花期4月, 5月

イヌシデとは

イヌシデ(犬四手、学名:Carpinus tschonoskii)は、朝鮮、中国、日本原産で、カバノキ科クマシデ属の落葉広葉高木です。本州から九州の湿った2次林の主な構成種です。若枝や葉の表面に白い軟毛が目立ちます。花は雌雄同株です。春に葉より早く雄花は赤茶色で紐状の花を下垂して咲かせます。雌花は枝先に薄緑色の花を咲かせ、花後に鱗片状の果実をつけます。葉は卵形で葉縁には重鋸歯があり互生して付きます。樹木は床柱や、杖、椎茸の原木にも使われます。

一般名:イヌシデ(犬四手)、学名:Carpinus tschonoskii、別名:ソロ、シロシデ(白四手)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ブナ目カバノキ科クマシデ属、樹高:10~15 m、葉形:卵形、葉幅:4~5 cm、葉長:6~10 cm、雌雄異花、花序形:穂状花序、開花期:4月~5月、結実期:9月~10月。


  • ブナ
  • カバノキ
  • クマシデ
  • イヌシデ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    重鋸歯状
  • 生活型落葉広葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 1500.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花