トサカケイトウ

Celosia argentea var. cristata

  • トサカケイトウ
  • トサカケイトウ
  • 花名
    トサカケイトウ
  • 学名
    Celosia argentea var. cristata
  • 別名
  • 原産地園芸品種、(アジア、アフリカ)
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月

トサカケイトウとは

トサカケイトウ(鶏冠鶏頭、学名:Celosia argentea var. cristata)は、ケイトウの一種で、花房が扁平な形をしている品種です。トサカケイトウの中で花房が球状のものをクルメケイトウ(久留米鶏頭)と呼びます。

一般名:ケイトウ(鶏頭)、学名:Celosia argentea var. cristata、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ヒユ科ケイトウ属トサカケイトウ種、別名:セロシア(Celosia)、カラアイ(韓藍)、原産地:園芸品種、(アジア、アフリカ)、草丈:15cm(矮性品種)~在来種(60~90cm) 、葉形:卵状被針形、葉序:互生、花序高:8~15cm、花序径:10cm、花色:赤・黄・桃、開花期:6月~10月。


  • ナデシコ
  • ヒユ
  • ケイトウ
  • トサカケイトウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ15.0 ~ 100.0 cm
  • 花径10.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花