ブーゲンビリア

Bougainvillea spp.

  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • 花名
    ブーゲンビリア
  • 学名
    Bougainvillea spp.
  • 別名イカダカズラ, Bougainvillea, 筏葛, ペーパーフラワー, Paper Flower
  • 原産地ブラジル
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期4月, 5月, 10月, 11月
  • 花言葉情熱、白花:「熱心な気持ち」、「あなたは素敵」

ブーゲンビリアとは

ブーゲンビリア(学名:Bougainvillea spp.)は、ブラジル原産で、オシロイバナ科ブーゲンビリア属の熱帯性蔓性低木です。ブーゲンビリアの原種には、グラブラ(B.glabra Choisy)、スペクタビリス(B.spectabilis Willd.)、ペルウィアナ(B.peruviana Humb.et Bonql)の3種があり、それらの交雑種が知られています。
日本では、5月から10月に咲きますが、南国では一年中咲いています。花のように見えるのは、実際には、苞(ほう)と呼ばれるもので、苞が3枚集まった中央部で咲く白い小さなものが本当の花です。苞は葉形をしており、葉脈もあり、肉厚が薄いので、風に吹かれてヒラヒラ舞います。苞色は赤や白、桃、橙、黄色、それらの複色があります。ハワイでは門のアーチや生垣等に使われます。葉に斑入りのものもあります。花言葉の色別では、ピンクは「魅力がいっぱい」、白は「あなたは素敵」。

一般名:ブーゲンビリア(Bougainvillea))、学名:Bougainvillea spp. 、別名:ペーパーフラワー(Paper Flower)、イカダカズラ (筏葛) 、ココノエカズラ(九重葛)、ハナイカダカズラ(花筏葛)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目オシロイバナ科ブーゲンビリア属(イカダカズラ属) 、原産地:南米(ブラジル)、生息分布:日本では伊豆半島から沖縄まで路地植え可能、 樹高:50~500 cm、開花期:周年(ハワイなどの南国)、4月~11月(除く、夏季シーズン)、 単葉、葉序:互生、葉身長:5~10 cm、葉形:卵形、花序:集散花序、花弁:無し(退化)、花形:筒状で先端が5裂、花色(本当の花):白、花径(萼筒径):0.3 cm、花長(顎筒長):2 cm、花形:筒状の萼と萼内に8本の雄蕊と1本の雌蕊が入る。 苞葉色(花ではない):赤・紫・黄色・朱色・白・桃色、苞葉長:2~4cm、苞葉形:三角形、苞葉:3枚1セット、果実タイプ:痩果、用途:路地植え、温室、鉢植え、門のアーチ、生垣。


  • ナデシコ
  • オシロイバナ
  • ブーゲンビリア
  • ブーゲンビリア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型熱帯性蔓性低木
  • 花の色桃 橙 赤 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 500.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.5 cm

ランダムな花