ナンブアザミ

Cirsium nipponicum

  • ナンブアザミ
  • ナンブアザミ
  • 花名
    ナンブアザミ
  • 学名
    Cirsium nipponicum
  • 別名Cirsium nipponicum, 南部薊
  • 原産地日本
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期8月, 9月, 10月

ナンブアザミとは

ナンブアザミ(南部薊、学名 :Cirsium nipponicum)は、日本原産で、キク科アザミ属の多年草です。岩手県の南部地方の山野に自生します。花が咲いている時期に根生葉はなく、楕円状披針形の茎葉があります。茎先に小さな紫色の頭花を咲かせます。属名の ’Cirsium’ はギリシャ語の “kirsos” が起源です。

一般名:ナンブアザミ(南部薊)、学名 :Cirsium nipponicum、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科アザミ属、ナンブアザミ種、原産地:日本、草丈:100 ~200 cm、生活型:多年草、環境:山野、花序:頭花、花色:紫、ピンク、花径:2~3 cm、開花期:8月~10月。


  • キク
  • キク
  • ナンブアザミ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    管状形
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花