アラビカコーヒーノキ

Coffea arabica

イエメンの国花

  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • 花名
    アラビカコーヒーノキ
  • 学名
    Coffea arabica
  • 別名Arabian coffee tree, Arabian coffee, コーヒー, coffee
  • 原産地エチオピアなどの熱帯西アフリカ
  • 開花場所亜熱帯地域, 特定の地域
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉一緒に休む

アラビカコーヒーノキとは

アラビカコーヒーノキ(Arabian coffee tree、学名:Coffea arabica L.)は、エチオピアなどの熱帯西アフリカ原産で、アカネ科コーヒーノキ属の常緑性低木です。芳香のある白い一日花を咲かせ、果実はコーヒーの材料となります。別名で、アラビアコーヒーノキとも呼ばれます。 葉は花に比べ大きく、光沢がある暗緑色、葉形は先が尖った卵形で、対生に付きます。5月~6月に咲く花は葉腋に群生してつき、花冠は純白から黄色になります。花後に成る果実は、緑→赤→紫に変化します。半年から9ヶ月間十分熟成させた後、中から2個の種子を取り出したものがコーヒーの生豆で、 それを乾燥、焙煎、粉末化、抽出したものが飲料となるコーヒーです。コーヒー豆の生産量は、コフィアラビカ種(アラビカ種)が8割、コフィアカネフォラ種(ロブスタ種)が2割を占めます。アラビカ種は原種に近く約100種類あり味は良いのですが病虫害に弱い。人気のアラビカ種には、モカ(Mokka)、ブルーマウンテン(Blue mountain)、ハワイコナ(Hawaii Kona)、スマトラ・マンデリン(Sumatera Mandheling)などがあります。ロブスタ種は病虫害に強く生産性が高いですが、味がアラビカ種に劣るため、 主にインスタントコーヒーや缶コーヒー用とされます。最近は、味が良いアラビカ種と生産性の高いロブスタ種を交配した「ハイブリッド」と呼ばれるものが作られています。 繁殖は挿し木や播種で行います。葉に付き易い病害虫にコナカイガラムシやハダニがいます。花言葉は「一緒に休みましょう」。いわゆる、コーヒーブレイクしましょう(”Let’s go on a coffee break.”)とのことで、特にひねりはありません。コーヒーをゼラチン で固めたコーヒーゼリーも人気です。
アラビアコーヒー(Arabian coffee) 【かぎけんWEB】も併せてご覧ください。

一般名:アラビカコーヒーノキ(Arabian coffee tree)、学名:Coffea arabica L.、国花ーイエメン、分類名:植物界菱植物双子葉類リンドウ目アカネ科コーヒーノキ属、別名:アラビアコーヒ、コーヒーノキ、アラビカ(豆) 、Arabian coffee tree、原産地:エチオピアなどの熱帯西アフリカ、生産地:赤道を挟んだ地域、環境:自生・栽培、 生活型:常緑性低木、樹高:3~5m、葉色:暗緑色、葉質:光沢、葉形:先が尖った卵形、葉長さ:10~15cm、葉序:対生、花色:白、開花期:5月~6月、開花時間:1日、花弁数:5、果実形:扁平な楕円形、果実径:5~10cm、果実色:緑→赤→紫、 果実型:核果、代表的な豆名:モカ(Mokka)、ブルーマウンテン(Blue mountain)、 ハワイコナ(Hawaii Kona)、スマトラ・マンデリン(Sumatera Mandheling)、用途:果実からコーヒー豆、樹木は観葉植物、繁殖方法:挿し木、播種、病害虫:コナカイガラムシ、ハダニ 。


  • リンドウ
  • アカネ
  • コーヒーノキ
  • アラビカコーヒーノキ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    複集散花序
  • 花冠
    車形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑性低木
  • 花の色薄黄 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花