シクンシ

Combretum indicum

  • シクンシ
  • シクンシ
  • シクンシ
  • シクンシ
  • 花名
    シクンシ
  • 学名
    Combretum indicum
  • 別名
  • 原産地東南アジア
  • 開花場所温室, 鉢花
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月

シクンシとは

シクンシ(使君子、学名:Combretum indicum)はインド~マレー半島、ジャワ島などの東南アジア原産で、シクンシ科シクンシ属の蔓性常緑低木です。葉は楕円形で先端が尖ります。蔓に鋭い棘があり、棘を他の物に刺してよじ登ります。花は夕方に咲き、咲き始めは白花ですが、2日目にピンクとなり、3日目に赤くなります。花は長い筒状で先端が5深裂します。咲き始めの花には芳香があります。花後に楕円形の果実が成り熟して暗褐色となります。根、種子、果実は煎じて寄生虫の駆除用の漢方薬とされます。

シクンシ(使君子)、学名:Combretum indicum、シノニム:Quisqualis indica、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目シクンシ科シクンシ属、葉形:楕円形、葉長:7~15 cm、葉序:対生、葉縁:全縁、開花期:5月~9月、花序形:散形花序、花径:2~4 cm、花色:白(夕方)→ピンク(2日目)→赤(3日目)、蔓長:2.5~8 m、果実型:核果、果実色:暗褐色、用途:観賞(花)、種子が駆虫薬などの薬草。


  • フトモモ
  • シクンシ
  • シクンシ
  • シクンシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型蔓性常緑低木、漢方薬
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ250.0 ~ 800.0 cm
  • 花径2.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花