シロバナイワタバコ

Conandron ramondioides f. leucanthus

  • シロバナイワタバコ
  • シロバナイワタバコ
  • 花名
    シロバナイワタバコ
  • 学名
    Conandron ramondioides f. leucanthus
  • 別名白花岩煙草, Conandron ramondioides, イワヂシャ, 白花岩煙草
  • 原産地日本~台湾
  • 開花場所高山, 鉢花
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉「沈静」

シロバナイワタバコとは

シロバナイワタバコ(白花岩煙草、学名:Conandron ramondioides f. leucanthus)は、日本~台湾原産で、イワタバコ科イワタバコ属のイワタバコ(岩煙草、学名: Conandron ramondioides)の落葉多年草の白花品種です。イワタバコ(岩煙草、学名:Conandron ramondioides)より開花が早いです。
白花岩煙草(C. ramondioides f. leucanthus)は日本の本州以南の湿気が有る岩肌に自生します。夏に散形花序を伸ばし、星型の白花を3~10輪咲かせます。花は筒型で先端が5裂します。花茎や葉裏、花に毛があります。冬には葉を丸めて冬眠します。尚、岩煙草とは、葉がタバコの葉に似ていることに拠ります。

一般名:シロバナイワタバコ(白花岩煙草)、学名:Conandron ramondioides f. leucanthus、分類名:植物界被子植物真正双子葉類イワタバコ科イワタバコ属、又名:イワヂシャ、草丈:5~10 cm、原産地:日本~台湾、生活型:多年草、開花期:6月~8月、葉縁:鋸歯、花序形:散形花序、花冠:筒状で先端5裂、花径:1~2 cm。


  • シソ
  • イワタバコ
  • イワタバコ
  • シロバナイワタバコ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型山野草、高山植物、落葉多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 10.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花