クミン

Cuminum cyminum

  • クミン
  • クミン
  • 花名
    クミン
  • 学名
    Cuminum cyminum
  • 別名バキン, Cuminum
  • 原産地エジプト
  • 開花場所海外
  • 開花期4月

クミンとは

クミン(Cumin、学名:Cuminum cyminum)はエジプト原産でセリ科クミヌム属の一年草です。ハーブの一種で独特の香りが好まれます。種子を磨り潰してカレーや肉料理の香りづけに使われ、健胃作用や肝機能向上、下痢・腹痛止め、気分を高揚させる薬効があるとされます。古代エジプトではミイラを作る際に防腐剤として使われました。

一般名:クミン(Cumin)、学名:Cuminum cyminum、別名:馬芹(ウマゼリ、バキン、マキン)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科クミヌム属、原産地:エジプト、生活型:一年草、草丈:20~40 cm、花色:ピンク、白、花径:2~3 cm、開花期:4月。


  • セリ
  • セリ
  • クミヌム
  • クミン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 40.0 cm
  • 花径2.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花