マルメロ

Cydonia oblonga

  • マルメロ
  • マルメロ
  • マルメロ
  • マルメロ
  • マルメロ
  • マルメロ
  • 花名
    マルメロ
  • 学名
    Cydonia oblonga
  • 別名marmelo, Cydonia oblonga, セイヨウカリン
  • 原産地中央アジア、コーカサス地方
  • 開花場所庭, 果樹園
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉「魅力、幸福」

マルメロとは

マルメロ(marmelo、学名: Cydonia oblonga)は中央アジア、コーカサス地方原産でバラ科マルメロ属の落葉小高木又は灌木、果樹です。葉の背面には白い軟毛が生えています。花は葉が出た後の晩春~初夏に咲かせ、白又はピンクの五弁花です。花梗や萼には毛があります。秋に成る果実は偽果( accessory fruit、附果)で梨形をしています。果実は未成熟時は青く白毛がありますが、成熟すると黄色くなります。果実は硬く石細胞なので生食出来ず、加工して食用とします。味は甘酸っぱい。

一般名:マルメロ(marmelo)、学名: Cydonia oblonga、又名:セイヨウカリン、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科マルメロ属マルメロ種、原産地:中央アジア、コーカサス地方、樹高:2-8 m、単葉、葉形:楕円形或いは長楕円形、葉序:互生、葉長:6-11 cm、開花期:4~5月、花色:白・ピンク、花径:5 cm、果実径:7-11 cm、用途:成熟した果実をママレード、果実酒。


  • バラ
  • バラ
  • マルメロ
  • マルメロ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉小高木又は灌木、果樹
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 800.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花