カミガヤツリ

Cyperus papyrus

  • カミガヤツリ
  • カミガヤツリ
  • カミガヤツリ
  • カミガヤツリ
  • 花名
    カミガヤツリ
  • 学名
    Cyperus papyrus
  • 別名Papyrus sedge, パピルス, Nile grass, 紙蚊帳吊, papyrus, シペラス
  • 原産地エジプト
  • 開花場所湿地, 温室
  • 開花期7月, 8月

カミガヤツリ とは

カミガヤツリ(紙蚊帳吊 、学名:Oryza sativa )は、エジプト原産でカヤツリグサ科の大型の常緑性多年性水草です。英名ではパピルスといいます。葉は退化して鱗片状をしています。観葉植物とされます。古代エジプトで書写材料とされました。茎断面は3角形で中に白い髄(繊維)があります。断面を薄く切って重ね合わせて張り合わせたり、皮を剥いで髄を細かく裂いたものを並べて乾燥させたものに文字を書くことができます。

一般名:カミガヤツリ (紙蚊帳吊) 、学名: Cyperus papyrus、別名:パピルス、シペラス、Papyrus sedge 、Nile grass、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目カヤツリグサ科カヤツリグサ属カミガヤツリ種、原産地:エジプトのナイル川流域、環境:河畔、湖沼、生活型:多年草、草丈:1.5~2.5m、茎色:緑、茎断面:三角形、葉:退化して鱗片状、花序形:小穂、花穂長:40cm、花色:茶褐色、開花期:7月~8月、果実型:小硬果、果実色:茶色、用途:観葉植物。


  • イネ
  • カヤツリグサ
  • カヤツリグサ
  • カミガヤツリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    その他
  • 葉縁
    その他
  • 生活型多年性水草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 250.0 cm
  • 花径0.6 ~ 0.8 cm

ランダムな花