セッコク

Dendrobium moniliforme

  • セッコク
  • セッコク
  • 花名
    セッコク
  • 学名
    Dendrobium moniliforme
  • 別名Dendrobium moniliforme, 長生蘭
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所盆栽, 鉢花
  • 開花期5月, 6月

セッコクとは

セッコク(石斛、学名:Dendrobium moniliforme)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、ラン科セッコク属の耐寒性多年生植物です。本州~四国、九州、沖縄の森林の岩上や老木に着生する小型の蘭です。茎は根際から多数束生します。晩春~初夏に、花茎先端から白又は桃色の花を1~2個咲かせます。萼弁3個、側花弁2個はいずれも長さが2.5cm程です。唇弁は卵状楕円形でやや短く先端が尖ります。生薬ともなります。

一般名:セッコク(石斛)、学名:Dendrobium moniliforme、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目ラン科セッコク属、原産地:日本、朝鮮半島、中国、草丈:10~25 cm、葉色:緑、葉形:披針形、葉長:5cm、葉序:互生、葉縁:全縁、花弁数:6,花径:3 cm、花色:白、桃色、開花期:5月~6月初旬、用途:盆栽、鉢植え、生薬。


  • キジカクシ
  • ラン
  • セッコク
  • セッコク
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    ラン形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性多年生植物、着生蘭
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 25.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花